ページトップへ戻る

体験インタビュー

加圧ってどんな感じなの?

ホームページリニューアルのモデルをやっていただいたMISAKIさんに、撮影をしながら実際に加圧トレーニングを体験してもらいました。幼少期から20代までバレエダンサーだったという経歴の持ち主。身体づくりやエクササイズには日頃から関心は高いものの、最近は少し運動不足とのことです。ここではそんなMISAKIさんの、初めての加圧トレーニングの体験をインタビュー形式でお伝えします。

加圧測定

 ※この写真はイメージです。地肌に直接ベルトを巻かないで下さい

加圧トレーニング専用のベルトを巻き、その日の体調、筋力レベル、トレーニング内容に合わせた数値を加圧マスターエースに入力し適切な圧をかけます。はじめての加圧体験ですがベルトを巻いた時の印象はどんな感じでしょうか?

ドキドキでしたが少しずつ圧を感じはじめ、ほどよいところでトレーナーの先生が調子を聞いてくださり、私のコンディションに合わせて少し圧を強めに入れてもらいました。巻いてるときのきつさや痛さは特に感じずに安心感がありました。

はじめはバランスボールに座って、腕を後ろに伸ばすエクササイズ。
上腕三頭筋=二の腕の引締めに効果があります。トレーナーから細かく体の動かし方についての指導がありました。

トレーナーが肘あたりを補佐してくれて伸ばす方向など一番効くポイントを指導してくれました。1番軽いダンベルでも1回1回 肘を伸ばすのが正直きつかったです。でも二の腕に効いてるのが感じられて嬉しくなりました。

エクササイズ

次は※脚にベルトを巻いてお尻を上げる動作。腹筋とヒップアップ〜太ももの裏側の引締めに効果があります。ここでもお尻の位置や意識をする部位などの指導を受けながらトレーニングしました。

※正しい加圧トレーニングでは安全のため腕と脚の両方同時に加圧ベルトを巻くことはありません。

「手で床を押さないで。お尻だけで持ち上げる感じで・・・」

最近、特に気になっていたヒップ、太ももに効くように、お尻だけを持ち上げるように指導してもらいました。そんなにキツくはなかったのですが、お尻の下の方や、内腿に効いてるのを感じました。

足にベルトを巻いてお尻を上げる動作

続いて足を交互に踏み込むフロントランジを行うことにより、太もも、もも裏、ヒップを引き締めるエクササイズです。歩幅により負荷の割合が変わります。前方に片足ずつ踏み込みますが、膝はつま先より前に出ない様にし、下に踏み込む意識で行います。また、片足ずつ行うことによりバランス力も高められ筋力の左右差も整えられます。

「踏み込んだ足が真っ直ぐになるように・・・」

フロントランジ

曲げた膝がつま先より前に出ないように膝の位置をキープしたまましゃがむように踏み込むと、脚全体はもちろん腹筋部分も自然に力が入り普通にスクワットするよりきつかったです… 。

最後は加圧ベルトを外してストレッチも体験してもらいました。加圧後のストレッチは筋肉が伸びやすくなっているため非常に効果的です。身体全体のバランスを整えることがとても重要です。

「他の部分から比べると足首とハムストリングの外側が硬いですね・・。」

バレエをしていたこともあり身体の柔らかさには自信がありました。でもストレッチをしてもらうと自分でもビックリするほど硬いところを発見!偏ってる部分や左右のバランスの差など今の身体の状態や、自宅でもできるストレッチを丁寧に教えてもらいました。とてもリラックスできて気持ちよかったです。

お疲れ様でした

最初のエクササイズで加圧の効果を驚くほど感じました。ベルトは跡が残らない程度で安心です。どれも10回程度のエクササイズでしたが、全身に疲労感を感じました。筋肉や骨格に詳しいトレーナーがマンツーマンで指導してくれ、自分が目指したい身体に適切なメニューを組んでもらえるのはとても魅力的。ベルトをはずした瞬間のジュワーっと血液が流れていく感じが忘れられません。
終わったあと、いつもむくみがちの脚がすごくスッキリして軽く感じました!

 > 加圧トレーニング体験インタビュー